CGオペレーター

西村光

入社8年目

「興味」をチカラに

Q1 これまで最もテンションが上がった業務or現場

入社後初めてOAにつかせてもらった「WOWOW リーガ・エスパニョーラ」
学生時代からWOWOWに加入しておりずっと見ていたリーガに仕事として携われることを嬉しく思いました。入社直後でCGオペレートに関して右も左も分からない状態でしたが、緊張の反面、興味を持ってOAを楽しめたことを覚えています。

Q2 これまで最もタフだった業務or現場

2015年「CX ワールドカップバレー」
約一か月弱の出張で全国各地を回るもので肉体的な疲労が溜まっていきました。現場での出張仕事は良いOAを作ろうという思いが現場全体で強く生まれるのでやる気に繋がる一方、緊張感も増していきます。
それが約一か月続いたこともあり、精神的にも辛く感じることが多かったです。

Q3 番組制作を行う上で心掛けている事

自分が担当する競技などに対して興味を持つ!
CGオペレートでは、その競技に対して知識が多ければ多いほどOAがやりやすくなります。そのため初めて担当する競技でも深く興味を持って知識を得ようと心掛けています。

Q4 今後チャレンジしたい業務&理由

スポーツ中継は、テレビで見ることよりもネット配信で見ることが多くなってきています。
自分自身も携帯で音楽を聴きながら画面はスポーツ中継を見ることも多々あります。その際にCGテロップは情報を得るのに重要なものであると改めて感じさせられました。更に増えていくであろう配信においてより意味のあるCGオペレートを行えるようになりたいです。

Q5 MTPの魅力

スポーツが好きな人は、仕事で多くのスポーツ中継に携われるので興味を持ちやすいと思います。
社内にもスポーツ好きな人が多く、楽しみながら業務を行っていけます。

TOP
TOP